生涯健康のために必須な快眠できる寝心地の良いベッド・疲れない枕とは

長い人生において睡眠のしめる割合はおよそ3分の1と言われています。これだけ長い時間を共にする訳ですから、寝具選びには特に重点を置くべきです。枕がかわると眠れないとはよく言ったもので同じ寝具でも使用者によって快眠具合が大きく異なるのが特徴です。ご自身の体型に適した寝心地の良い寝具を使うようにしましょう。ベッドを使用するにあたり、もっとも重要になるのがマットレスです。柔らかすぎると腰が沈み無理な姿勢になります。逆に硬すぎると血行が悪くなり疲れが取れず快眠の妨げとなります。ベッドを購入する時は実際に横になり、何度も寝返りを打って最適なものを選びましょう。同様に枕もとても大切です。自分の頭に適したものを使えば体に余計な負担がかからず快眠につながります。まっすぐ立って寝ている状態を思い浮かべましょう。その姿勢のまま横になっている状態がベストと言われています。寝返りを打ってもその姿勢の崩れない高さを持った枕を選ぶように心がけましょう。睡眠後に肩こりや頭痛を抱える人は、体に適したものを使えていません。しっかりと疲れを取り、新たな1日を快適に過ごすためにも寝具を見直して生涯健康な生活を手に入れましょう。

ベッドの枕カバーは毎日洗濯を

人間は、寒い冬であっても、毎晩大量の汗をかいています。そこで、直接触れる寝具は、できるだけ毎日洗濯機で洗うことをお勧めします。ずっとほっておくと、枕カバーは汗を吸収しにくくなるどころか、異臭が発生したりして、とても快適に眠ることができなくなります。そこで、おすすめなのが、リネン100%のベッドシーツと枕カバーです。リネンの特徴は、汗を良く吸収して、しかも水にぬれると強くなるので、長年使えます。洗濯機でガンガン洗えて、室内干しでもすぐに乾き、洗うたびにくったりとした、柔らかさがでてくるので、寝具にはとてもお勧めです。毎日洗いたいベッドカバーや枕カバーなどは、乾きやすくて、強いものがお勧めです。洗い替えに2、3枚あると良いです。人間は人生の約三分の一をベッドの上で過ごすといっても過言ではありません。したがって、寝具にかけるお金は、しぶってはいけません。寝具は、とても肌触りがよく、快適なものを選ぶようにしましょう。最初買うときは、高くても良いものは長持ちします。天然の素材は、肌に優しくとても気持ちがよいので、お勧めです。安いものを使い捨てるという精神ではなく、本当に良いものを少量購入して、ずっと大切に使ったほうが節約にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です